Rezonator

 
 
 
 

FF7は何故生まれたのか

『FF7』関係者達「当時、任天堂は『もう二度と戻ってくるな』と言っていた」
「CD-ROMが必要だと言っても聞く耳持たず」
「任天堂オフィスに10年間立ち入り禁止された」


かつてゲーム業界において任天堂とスクエアは切っても切れない
仲だとされていましたが、『FF7』で全てが変わったのです。
当時FF7に携わった関係者らが、海外メディアPolygonとのインタビューで
舞台裏を明かしてくれました。

米国スクウェア上級副社長・梶谷シンイチロウ
「スクウェアは当時、任天堂のセカンドパーティのようなものでした。
ですので任天堂が新しいゲーム機を開発中だと聞いて、
我々は『CD-ROMが必要だ』『それでは我々がしたいRPGは作れない』など
様々なアドバイスを出したのです。しかし山内社長はまるで聞く耳持たずでしたね。
そこで坂口さんや担当チームはソニーに協力することに決めたのです。

ソニーとやると決めてから、約10年間は任天堂オフィスに立ち入りが禁止されてしまいました」


米国スクウェア上級副社長・丸山嘉浩
「任天堂は『では我々にはそれ(FF7)いらないよ』と言ったのです。
任天堂機には任天堂のゲームを出すという考え方を彼らは貫いているので、
他社パブリッシャーが任天堂ハードで出したければOKを出しますし、
逆に気に入らなければ彼らも『いらない』となります」


クリエイター・坂口博信
「ソニーとのFF作りを決めてから、私は宮本雅史社長とプログラマーの成田賢とともに
山内社長とのミーティングに出席しました。もてなしてもらい『幸運を祈る』と言われたので、
嫌な感情はなかったと思います」


キャラクタープログラマー・川井博司
「『うちから離れるのであればもう二度と戻ってくるな』と任天堂が言っていたのを私は聞きました」



こういう逆境や反骨精神が奇跡のFF7を生んだようにも思えるんだよな。
FF7がPSの価値を決定付けた、つまりファミコン以来のセカンドインパクト。
物語も突き抜けており、何か本当の意味で最期のシリーズ作品になる?
と思わせるくらいのスタッフが自らを追い込むような精神性を感じさせた。
俺はFF7によってFFはドラクエを超えたと感じた。しかし、それはファミコン
時代のドラクエを超えたという訳ではない。今後の未来に向けてドラクエを
超えたという意味である。今度は先にやってのけたのだ。RPGの未来を。

まあ、任天堂だけを悪く言うつもりはない。FFはファミコンから始まったし。
ただ、任天堂はあまりに独占的であり巨大になり過ぎてしまったんだよ。
昔からFFシリーズは野心的で初期から「ドラクエを超える」が合言葉であり
常にナンバリングの中で革新を怠らなかった。保守的なドラクエとは異なり
時にはファンを戸惑わせる事もしばしばあったが、俺はそんなFFが好きで
ナンバリングは全てプレイしている。ドラクエは5までが好き。後は惰性で
プレイしていたが、8辺りからほとんど印象に残っていない。7などひたすら
長くてしんどかったという記憶だけ残っている。6から音楽のクオリティが
落ちたなという感じで…まあ、戦闘曲だけは7まで評価できるものだった。
正直、ドラクエ11にはそれ程の期待は無い。プレイしないかもしれない。
それよりも、往年の名曲がバンバン流れるヒーローズやビルダーズの
方が遥かにときめくものがあって、実際ラストまで思いっきり楽しめた。
要はすぎやまこういちの後継者が居ない事の悲劇に尽きるのである。
本人が譲らないのか、周囲が怖くて言えないのか、気を使っているのか、
鳥山明に関しても、才能の勢いはとうに過ぎ去りもはや形骸化している。


Final Fantasy VII - Opening FMV



Final Fantasy VII - Aerith's Theme
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4934-74e6b3bd
 
 
 
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop