Rezonator

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

テンテンコ

テンテンコ/工業製品

2016年のアルバムでダントツ面白かったのはテンテンコの1stメジャーミニアルバムの
「工業製品」だ。12月発売という事で聴いた回数は他のお気に入り作品より少ないけど
洋楽と邦楽を合わせても2016年の真のベストアルバムはこれしかない!2年前に発表
されていた「Good bye, Good girl.」以降、ずっとRezonatorでも推薦し続けてきたが遂に
満を持して発表されたデビューミニアルバム。こいつがとんでもない。一曲目の「くるま」
から、邦楽のサブカル系までもスルーしていたイギリスのテクノユニットであるオウテカ
を彷彿とさせるサウンドなのだ。レディオヘッドが彼らに影響を受けたと公言したことは
有名であり、以降エレクトロニカ市場、ひいてはWarp Recordsにおける最重要ユニット
としても名高い。しかし、作風が実験的、その難解さゆえマニアに愛される音楽として
存在していた。俺が思っていた以上にテンテンコは一筋縄ではいかない鬼才であり、
テンテンコが繰り広げる世界は非常にエキセントリックでエキサイティングなものだ。
俺は『彼女は日本のGrimesになり得ると思う』と書いたけど、もう超えちゃったかも。
一曲目の「くるま」「放課後シンパシー」「次郎」「星の電車」まで聴いて感じるのは、
「Good bye, Good girl.」という超名曲ですらテンテンコが持っているパーツの一部に
過ぎなかったということ。それでも、ヘヴィでアバンギャルドでポップなテンテンコの
とんでも奇天烈ワールドに一筋の道標を示している事は間違いない。奇をてらった
だけの方向性ではないのがたまらなく素敵じゃないか。アッパーなデジタルロックで
疾走する先行シングルの「放課後シンパシー」、そして無敵の「Good bye, Good girl.」
メランコリックで艶やかな「星の電車」など、一曲一曲の全てが際立っている。今最も、
邦楽の最重要アーティストの一画として間違いなく挙げられるテンテンコ。君が邦楽は
終わっている、退屈でつまらないと言うのは、君が「工業製品」を聴いてないからだ。

tentenko_kougyou_01.jpg


テンテンコ - くるま



テンテンコ - 放課後シンパシー



tentenko_kougyou_0001.jpg
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4919-66b569e6
 
 
 
 
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。