Rezonator

 
 
 
 

工業製品 #1

「Rezonator Song of the Year 2014」の邦楽部門で1位に挙げた
テンテンコの初のメジャーアルバムが満を持して遂に発表!!!


テンテンコ、1stミニアルバム「工業製品」リリース決定
http://www.toysfactory.co.jp/artist/tentenko

※参加アーティスト
LOGIC SYSTEM、七尾旅人、㱨Y㱩 ( 読み : アイ BOREDOMS)、
長尾謙一郎 ( アートディレクター)JINTANA、
Papiko、のっぽのグーニー

発売日:2016年12月14日 Release
価格:¥1,500+税
規格番号:TFCC-86578

tentenko_kougyou_01.jpg




Rezonator 2015.01.25 Sun 00:00
http://rezonator.blog62.fc2.com/blog-entry-3984.html


Rezonator Song of the Year 2014 (邦楽)


02. 星野みちる - 星間連絡船 ~Night Voyage~




01. テンテンコ - Good bye,Good girl




Rezonator Song of the Year 2014 (邦楽)

中田ヤスタカを始めとするガールズ・テクノポップがシーンになっている中、
突如現れた「テンテンコ」の描く80'sポップはとてもオーガニックで瑞々しい。
メロディは勿論のこと、打ち込みの間合いから全般にロマンと情緒がある。
打ち込みが多様化していく流れには乗らず、クラシックなシンセサイザーの
音をそのまま鳴らしながら一発録りのごとく演奏して収録したような音源は
最近の洋楽に見られるサブカルチャーの流れだ。「Good bye,Good girl 」が
2014年に邦楽から発表されていたという真実は、後の邦楽シーンにとって
重要なキーパーツとなるだろう。もう、この曲無しでテクノポップは語れない。

今年のベストソングにして、今年のベストPVである「Good bye,Good girl 」。
80年代ってどんな時代だったと思う?そんなコンセプトから電気グルーヴの
傑作PV「少年ヤング」は生まれた。時代の風俗を如何に印象深く描けるか、
思い出の片隅を強烈に刺激するアイデアに散りばめられた映像ファンタジー
が音楽とともに色濃く彩られるコラージュ。テンテンコもそれをやってのけた。
しかしそれは他の芸術性とは一線を画す、ある種のタブーで背徳感だった。
怪しいビデオテープに収められた昭和のロリータポルノ映像をモチーフに
したようなタッチで80年代の風俗を描いてみせた発想には完全にやられた。
自らのルックスを逆手に取ったような極めてアブノーマルな大人の味わいが
「Good bye,Good girl 」の煌びやかで緩やかなシンセポップと秀逸にマッチ。
邦楽はガールズポップ戦国時代。いよいよシーンを揺り動かす鬼才が登場。


テンテンコ presents「ブタゴリラvol.1」 ダイジェスト@渋谷GAME 2014.09.12
向井秀徳アコースティック&エレクトリック / 豊田道倫 / BELLRING少女ハート /
ju sei / フロリダ(滝沢朋恵、テンテンコ) / テンテンコ / DJテンテンコ
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4900-6b561ce8
 
 
 
 
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop