Rezonator

 
 
 
 

FF15のネタバレ問題について

【FF15】悪意あるネタバレを見て精神的苦痛を被った場合、
訴えて損害賠償を請求することが可能です


記事によると

すごく楽しみにしていた映画や、読み終わっていない小説のラストを
バラされると楽しみを奪われショックを受ける。
その「精神的苦痛」を被った場合には、ネタバレしてきた相手を訴えることができるという

アディーレ法律事務所の弁護士・吉岡一誠先生
「裁判上、精神的苦痛もれっきとした損害であり、金銭的価値に置き換えられて
損害額が算定されます。したがって、未読の小説や未見の映画のラストを
ばらされたことによって精神的苦痛を被ったということであれば、訴えること自体は可能です」

・ただ、裁判所に訴え出ることは可能だが、必ずしも慰謝料がもらえるわけではない。
ネタバレ行為を「不法行為」にあたるとして損害賠償責任が認められるためには、
一定の要件を満たす必要がある

「例えば小説の場合、まだ購入すらしていないようなケースでは、
いくら本人が『ラストを明かされたくない』と思っていても、
その期待が法的保護に値する利益とは認められない可能性が高いと思われます。
長年そのシリーズのファンであったとか、その小説をすでに購入していて
近々読む予定であったとか、様々な事情から、
法律上の保護に値すると認められる必要があるでしょう」

・慰謝料の金額はケースバイケースだが、もらえたとしても数万円から十数万程度

・損害賠償請求が認められるのは、相手がまだその映画を観ていない、
あるいは小説を読んでいないことを知っていながらネタバレをした場合。
見ていない、読んでいないことを知っていながらネタバレしてしまった場合も該当する
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4873-ee030abd
 
 
 
 
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop