Rezonator

 
 
 
 

あげまん

バンデンハークの嫁さん「あげまん」
松坂の嫁さん「○げまん」


ソフトバンク松坂9失点の大炎上!2回持たず緊急降板…

・ソフトバンク・松坂大輔投手(35)が14日、ウエスタン・リーグ広島戦(マツダ)に先発した
・1回2/3を7安打3四球9失点(自責点7)と炎上して降板した
・右手を気にする仕草をし、予定の80~90球を待たずに65球で緊急降板した




松坂大輔に単身赴任決意させた妻の「私は日本に帰らない」

「9年ぶりに日本球界に復帰することになった松坂大輔投手(34)ですが、
実は家族をアメリカに残しての“単身赴任”になるのだそうです」と語るのは、
ボストン在住のジャーナリスト。12月5日、福岡市内でソフトバンクホークスへの
入団会見を行った松坂。3年間で12億円という破格の契約だ。

「1年4億円という年俸もそうですが、野球選手としては“晩年”に入った松坂にとって、
先発ローテーション入りを提示されたことは非常に魅力的だったそうです。
米大リーグでは、リリーフ投手としての起用も増えていましたからね」(前出・ジャーナリスト)

日本球界への復帰を決意した松坂だったが、倫世夫人(40)は帰国に難色を示したという。
夫妻には9歳・6歳・4歳の3児がいるが、倫世夫人は子供たちをアメリカ、
特にボストンで育てることにこだわっているのだ。彼女は、知人にはこう漏らしているという。

「子供たちを国際舞台で活躍できる人間に育てたいの…」

松坂一家の“ボストンの家”は高層マンション。周囲は、緑あふれる環境だという。

「部屋数が12もあり、家賃は月額400万円だそうです。子供たちは地元のセレブの子弟が通う、
私立の小学校や幼稚園に通っています」(前出・ジャーナリスト)

その学費も3人で年間1千万円を越えるという。
さらに9歳長女はクラシックバレエにフィギュアスケート、
6歳長男は体操教室にフィギュアスケートと、“お稽古”で大忙しだ。
倫世夫人の「私たちは日本には帰らないから……」という主張を受け入れて
単身赴任することになった松坂だが、日本で羽を伸ばすというわけにもいかないようだ。

「倫世さんは実家の実母に、“夫が浮気などしないように、しっかり見張っていてほしい”と、
頼んだそうです」(倫世夫人の知人)

ソフトバンクのホーム球場がある福岡市と、倫世夫人の実家がある筑紫野市は
20キロ足らずの距離。5歳年上妻と3人の子供たちのボストン・セレブ生活を守るため、
夫・松坂の奮起は続く――。 

2014年12月9日 0時0分 女性自身


松坂の12億をアビスパとギラヴァンツに寄付してくれたらどんだけ有意義であろうか…。
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4581-74aacf5a
 
 
 
 
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop