Rezonator

 
 
 
 

死ぬために生き抜く #1

今年マジでヤバいわ。どんどん魅力的なゲームが発売されては詰みまくっている。
実は昨年末あたりから右目に霰粒腫という、ものもらいのような症状が出てしまい、
FPS系の目を酷使するゲームは勿論の事、ゲーム自体プレイするペースが落ちている。
霰粒腫になったことで一過性の乱視による眼精疲労が主な原因である。はあ…もう…。
ダライアスやドラクエをモリモリやり込みたいのに…少しずつ回復してきているので、
取り敢えずプレイはし続けているんですけどね。いつもの三割くらいのペースですよ。

そんな中で来週はいよいよストリートファイターVが発売されます。ファミ通でも好評価で
10点も出ていました。原点回帰とVトリガーによる駆け引きが絶妙との事で、体験版も
かなり面白かったので期待大です。個人的にはステージBGMの良さが決定打だけど。

そして、もう一つ!Rezonatorの注目してもらいたい作品があります。

ストリートファイターVと同じ発売日なので埋もれてしまわないか?という心配もあるけど、
ジャンルも異なるし、ターゲット層も異なるから…しかし、注目度は正直低いと思うので、
ここは声を大にして、他のどの作品よりもプッシュしておこうかなと!そのタイトルは…


「いけにえと雪のセツナ」


【INTRODUCTION】

あの頃、みんなRPGに夢中だった。
とりもどそう。ボクたちのRPG――。

純国産RPGが隆盛を極めた1990年代、
当時遊んだ数多のRPGは、今もぼくたちの記憶に強く残っている。
パーティ編成、街での買い物、ダンジョン攻略、ギリギリで倒した強敵たち。
そして、エンディングで流した涙-。
名作たちが与えてくれた感動は、今なお色褪せることはない。

あのプレイフィールを追求し、
記憶に残る物語、記憶に残るゲーム体験を-。


【STORY】

その島には、古来より伝わる習わしがあった。

十年に一度 いけにえ を捧げ、魔物被害を抑制する。
この いけにえの儀式 により、かろうじて島の平穏は保たれてきた。

ところが、次の儀式の年を待たずして、
魔物被害が急増し始めたのだ。

事態を重く見た島の人々は、例外ではあるものの
再度 いけにえ を捧げることで魔物たちを鎮めようと考えた。

いけにえ の名は“セツナ”。
極めて高い魔力を持つ十八歳の少女。

いけにえの儀式が行われる“最果ての地”へ、
“セツナ”は護衛隊とともに旅立ってゆく-。


「主人公」

腕利きの傭兵。
ある任務で島に赴いた際、セツナと出会ったことにより、
護衛隊の一人としていけにえの旅に同行することとなる。
運命の出会いは、死地へと向かういけにえの少女を護りぬく、
という天命を彼にもたらすこととなる。

「セツナ」

いけにえとして、最果ての地に赴く宿命を背負った少女。
島の人々のために自らの命を捧げることに躊躇いはない。
素直で純粋。危険な旅の只中であっても、自分より護衛隊の
心配をするほどのお人好し。
しかし、いけにえ としての宿命を果たす、という信念が、
彼女を何よりも強くさせる。


いけにえと雪のセツナ 公式サイト
http://www.jp.square-enix.com/setsuna/





ikenie_0002.jpg
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4441-5232c016
 
 
 
 
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop