Rezonator

 
 
 
 

鉄拳7

鉄拳7

今回の鉄拳7のステージBGMは、例えるならリッジレーサーのような楽曲の統一感を持たせている。
全てのステージ曲を聴いてきた訳ではないが、疾走感の溢れるダンスフロアなテクノミュージックが
多くを占めている。今までも統一感を持たせたナンバリングはあった。鉄拳3が骨太なデジロックで
新しい舞台を大いに盛り上げた。一方、鉄拳TAGシリーズはテクノサウンドが主流になっていた。

しかし、鉄拳TAGのBGMは非常にミニマル色が強く耳に残る印象的なフレーズなどは少なかった。
今回の鉄拳7はナンバリングであるにも関わらず、鉄拳TAGシリーズの曲調をモチーフにしながら
スピード感があり印象に残るテクノミュージックで高揚感を煽ろうという演出を感じ取る事ができる。
元々、鉄拳はクラブミュージックとしての支持層も多く、ある意味で出し惜しみしない「これでもかの
出血大サービス」とも呼べる方向性で仕掛けてきた。三島家クライマックスに相応しい“勝負曲”だ。

更に面白いのが今作で初めて、どちらかのキャラが勝利へのリーチを掛けるとラウンドBGMが変わる
仕様になっている。よりテンポがアップしたり重厚なサウンドになって戦いのボルテージは最高潮へ。
超必殺技と呼ばれるレイジアーツを出す瞬間はBGMが一瞬止まり、勝負の分かれ目を見守らせる。

Tekken 7 OST - Jungle Outpost Round 1
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/4081-f197c634
 
 
 
 
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop