Rezonator

 
 
 
 

ルールとモラル

10/31 21:00 Facebookより
https://www.facebook.com/TsuyoshiNishioka/posts/828432680542287

Tsuyoshi Nishioka

1年間声援ありがとうございました!!
最後の最後まで恩返し出来ず申し訳ありませんでした。
今年怪我で始まるシーズンで、みなさんの声援のおかげで立ち上がることができ、
そしてユニフォーム着て野球できてることに感謝したいです!
しかし、最後の最後に喜ばすことができなかった今の自分の力に悔しさだけです。
勝ちたかった!
阪神に勝たせたかった‼︎
優勝する喜びをみんなで味わいたかった‼︎‼︎
優勝できなかったのは全ての責任があります!
だから同情しなくていいです!
ボロクソ言ってくれていいです!!
僕らはプロの世界で生きていて、球場に見に来てチケットやグッズを買ってもらったおかげで
給料をもらい、生きています!
だからどんな言葉でも受け止めます。
僕の責任です。
ひとつ、昨日の最後のプレーについて僕が考えたプレーを説明します!
打った瞬間、僕はゲッツーを確信しました。
ルールで内側に入って送球が当たれば守備妨害は百も承知です!
普段ランナーがいないときも、打った瞬間左打ちでも内側からラインの外側にでています。
ルールを知った上で打った瞬間ゲッツーになると思ったので、少しの可能性にかけて
内側から外側に走って行くものを、ライン上スレスレを走って体に当たれと思いながら走ってました!
僕は送球が当たるときに足が外側にあればいいと思って走ったので、
僕なりにルール上ギリギリのプレーはしたつもりでした!
それが僕が考えたプレーです!
この考えにも賛否があると思いますが、正直に伝えたいからフェイスブックで
コメントさせていただきました。
いろんな意見ありますが全て受け止める覚悟です!
ただ、走塁どうこうより、あの場面で打たない僕が悪いのです!
なんか阪神ファンを喜ばせたい一心でしたが間逆になりました!
ほんとに残念な思いにさせてしまって申し訳ありませんでした!!




最初は故意だと認めてなかったんですよね。

西岡 妨害は「故意にできるはずない」
http://www.daily.co.jp/tigers/2014/10/31/0007464482.shtml

西岡は努めて冷静に、最後のシーンを語り出した。左打席からスタートし、
ベースを踏んだ瞬間まで-。 「左打者だから打った直後は前に出るから中に入る。
だから最後は(オンラインに)戻っていた」と説明した。
白井球審が「最初から中に入って妨害してやろうという意図が見えた」という判定には
「そんなこと、故意にできるはずがない」と反論した。打った瞬間からベースめがけて全力で走った。
そこに送球のコースを予測する余裕はなかった。実際に西岡の送球が左手に当たった瞬間、
ベースカバーに入った明石のミットはライン上にあった。


騒ぎが大きくなったので正直に話したという事ですか。

『!』が多過ぎて笑った(苦笑)正直に述べたのは評価するよ。和田監督は滑稽でしたね。
できればすぐ監督やメンバーにその旨を伝えて欲しかったな。ホークスの日本一の瞬間に
水を差したような形になったでしょう。それについても謝罪するべきだと思うんですけどね。
姑息な事をやると周囲も巻き込んで後味が悪くなる。正々堂々とルールに則って欲しい。
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://rezonator.blog62.fc2.com/tb.php/3856-e74ad49e
 
 
 
 
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop