Rezonator

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

NHKドラマが面白い

2017年1月14日(土)に書いた未公開記事。

2017年のNHK時代劇は全て網羅しているんだけど、楽しみにしていたドラマのひとつが
「花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」だ。時代劇ファンとしては見逃せない!

土方歳三、清河八郎など、幕末を彩るスーパースターたちとともに幕末の世を駆け抜けた
美しい男装の女剣士、“中沢 琴”。激動の幕末から明治、大正、昭和を生きた実在の
女剣士・中沢 琴をモデルに、黒木メイサさんが本格的剣術アクションに挑む
オリジナルアクション時代劇!

-激動の幕末-
男顔負けの剣の腕を持ち、剣の道を究めようとした女性の剣豪が実在した。

文久三年、京都。ある日、町人を脅す不逞(ふてい)浪士の前に美しい剣士が立ちはだかる。
その剣士こそ、法神流の使い手で男装の女剣士・中澤 琴(黒木メイサ)だった。
琴は、<強くなりたい>という思いだけで、兄・貞祗(筒井道隆)と、上洛(じょうらく)する
将軍・家茂の警固のための浪士組に加わっていた。いさかいが起き、
まさに琴が抜刀しようとした矢先、一発の銃声が止める。琴の腕前を見抜いた
坂本龍馬(加藤雅也)だった。そして、剣の道をまい進する琴にある言葉をかけたのだった…。
江戸に戻った琴や貞祗ら浪士組は、《新徴組》となり江戸市中警固の任につく。
だが、江戸には幕府転覆を狙う攘夷浪士・相馬要蔵(袴田吉彦)らが暗躍していた。
琴は、純粋に<強くなりたい>と思う気持ちとは裏腹に、時代の渦に巻き込まれていく。
その先にたどり着くものとは…。




黒木メイサいいな!今まで時代劇に出てなかったのが不思議なくらいハマってるわ。
メイサの女剣士めっちゃかっこいい。気が強くて心は優しい女性が好みのタイプです。
正月の「陽炎の辻 完結編」も面白かった。完結したけど続編希望!「大岡越前」は
東山紀之は好きなんだけど、津川雅彦が大嫌いなので観てない(伊丹監督の映画に
出演していた頃は大好きだった)。「雲霧仁左衛門3」は必殺仕事人みたいなノリの
人気シリーズのひとつで面白くて観ている。そして、何といっても色んな意味で話題の
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」だけど、取り敢えず一話目を観てみると大当たり。
第一回の視聴率は2000年以降で「花燃ゆ」に次ぐワースト2らしいけど逆に得している
気分になる(笑)だって受信料は同じように払っている訳じゃない?実際面白かったし、
観てみないと分からないでしょ。「真田丸」も面白かったけどね。楽しんだもん勝ちよ。

naotora_001.jpg


時代劇ではないけど「シリーズ江戸川乱歩短編集Ⅱ 妖しい愛の物語」も面白かった。

エロスと幻想が交錯する独特の作風で、“日本ミステリーの父”とよばれる江戸川乱歩。
初期の傑作短編を気鋭のクリエーターたちが映像化する第2シリーズ。
第1回「何者」第2回「黒手組」第3回「人間椅子」。日本初といわれる“本格探偵小説”の中で、
日常に潜む人間の本性が深く描き込まれている。悩める三角関係からの自演殺人、
暗号から解き明かされる愛の逃避行、そして、背筋も凍る“歪んだ愛のカタチ”…
シリーズを通して明智小五郎を演じてきた満島ひかりが、
「人間椅子」では初めて妖艶な女流作家を演じる。

俺も椅子の中に忍び込んで「あの女性」が座る椅子になりたい。いつも彼女の部屋で
一緒に暮らして、そして彼女の温もりを感じていたい…。アブノーマルな乱歩ワールド。

ningenisu_01.jpg
スポンサーサイト
 
 
 
 
カレンダー
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

Rez

Author:Rez

男性

福岡県出身

 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。